自分だけのシーサー作り

沖縄の守り神「シーサー」


沖縄に行くと必ず至るところにいる「シーサー」。沖縄以外でも全国で知られている謎の生き物です。そもそもシーサーとは、沖縄の古くから伝わる守り神です。もともと中国から伝わったもので、獅子が沖縄のなまりによってシーサーと言われるようになりました。主に家の守り神として崇められているため、沖縄の多くの家には、設置されているんですね。シーサーは、一体ではなく雄と雌が二体を対になっていることが一般的です。見分け方として、雄が口を開けており右側、雌は口を閉じており左側に設置されています。沖縄旅行に行けば、お土産に買う人も多いのではないでしょうか?また沖縄では、自分だけのシーサー作りが体験できる場所があります。

image

自分だけのシーサーを作ってみよう


沖縄旅行の思い出作りに大人気なシーサー作り体験。初心者でも簡単に作れますし、子どもから大人まで気軽に伝統文化を体感できるので、旅行の思い出やお土産にぴったりです。シーサー作りの種類は、たくさんあります。例えば子どもも一緒に楽しめる「シーサーの絵付け」や「素焼きシーサー」です。もともと出来上がっているシーサーに好きな絵や色を塗って、出来上がってすぐに持ち帰ることができるシーサー作りです。
本格的なものがしたいという方は、琉球土をこねて作り上げて焼く「陶器シーサー作り」や漆喰と赤瓦を使って作る「漆喰シーサー作り」があります。これは女子会やカップルにおすすめです。予約なしでも体験が行えるお店もたくさんあり、自分だけのシーサーを是非作ってみましょう。

久米島のツアーでは、文化財や自然を巡ったり、島に複数あるパワースポットを訪れたりするプランが人気です。